レバノン旅行の行くべき観光地


1

画像参照:Jari Kurittu

皆さんはレバノンをご存知でしょうか。シリアやイスラエルと隣接するレバノンは中東に位置する国。この国には素晴らしい観光地がいくつもあります。今日はそのレバノンの観光地をご紹介します。

この国で一番有名な観光地と言えば、聖ゲオルギウス大聖堂です。中東はイスラム圏なので、基本的に建物はイスラム風なのですが、
この聖ゲオルギウス大聖堂はキリスト教、正確に言うとギリシャ正教の建物です。
この建物、外観も美しいのですがその本質は内観にあります。センスがありシックな内装、華麗で巨大なシャンデリア、まるでヨーロッパの古城の中にいるかのような、そんな気分にさせられる場所です。
中東でこのような建物は本当に珍しいので、ここは旅行者にとって必見だと言えます。
他にもこの国には有名な観光名所があります。それはハリッサの聖母です。ハリッサの聖母は山上にあるので、ロープウェーで行く事になりますが、
そこで山上の聖母の雄大さを眺めながら、眼下に広がる下界を見下ろすその壮麗な光景、これはまさにレバノンの宝であると言えるでしょう。
他にもこの国には十字軍の城やカディーシャ渓谷などたくさんの名所があります。
特にカティーシャ渓谷はこの国で一番景観が良い場所であり、霧に覆われた時の景色はもはやこの世のものとは思えないと言われています。
世界遺産として登録されるのも、むべなるかなと言えるでしょう。ちょっと足をのばした旅行に行くならレバノンがお勧めです。