レバノン旅行のホテルについて


4

画像参照:Ahmad Moussaoui

レバノンは、他の中東諸国に比べると気候が温暖で国土の豊かさに優れ、中東のスイスとも呼ばれています。
アラブ諸国の中では珍しく砂漠がないため、近隣諸国の人々の避暑地として、長年利用されてきました。
また、ベイルートやバールベック、ビブロスなど、観光スポットも多く、ギリシア時代やフェニキア時代、ローマ時代の遺跡は、旅行客に人気があります。レバノン旅行に行く際に、宿泊ホテルの検索をされることと思いますがどんなところに宿泊したら良いのでしょうか。

主要都市のおススメ5つ星ホテルをご紹介いたします。ザフレとベイルートに、評判の高いホテルがあります。
ザフレには、インターコンチネンタル系の5つ星ホテルがあります。140室ある客室には、ミニバーが付いており、インターネットも無料で利用できます。また、フェイシャルトリートメントやボディートリートメントのサービスもあり、女性に人気があります。
レストランで中東の料理をはじめ様々な料理を楽しめる他、24時間対応のルームサービスも利用できます。
屋内プールやサウナも利用することができ、スキースクールもあります。

ベイルートには、5つ星の宿泊施設が多いのですが、中でも人気があるのが、フェニキアホテルです。インターコンチネンタル系で、新しく立派な建物です。英語もフランス語も通じ、非常に優雅な雰囲気が漂っています。サービス、食事、館内設備、居心地の良い室内、全てが5つ星に相応しいです。